車検はどこで通したらいいか迷ったらディーラーに持って行こう

車検自動車整備士
車検

ども。わしです。

僕は元整備士だった関係で、「そろそろ車検が切れるんだけど、車検はどこで通すのが1番いい?」と言った相談をされることがよくあります。

そのときの回答は基本、「ディーラーに持って行くのが一番いいよ」と答えているんですね。

そうすると、だいたい「ディーラーだと高くない?」と、言われることが多いです。

そう言われるのはわかったうえで「ディーラー」と答えているので、その理由について語っていきたいと思います。

経歴、経験

本題に入る前に少しだけ僕の経歴と経験を…

僕は国産ディーラーの元整備士で、専門学校に通っているときはガソリンスタンドでアルバイトしていました。

整備士を辞めたあとはユーザー車検も通したことあります。

なので、ディーラーとガソリンスタンド、ユーザー車検は実体験から、その他はあくまで一般論でのお話となりますので、ご了承ください。

ちなみに今はIT系インフラエンジニアしてます。

相談相手の優先順位がわからない

まず、何が第一優先なのかがわからないことが多いです。

多分、相談してくる人の多くは、「安い」「早い」「丁寧」をひっくるめて「どこに持って行くのがいいか?」と、聞いて来ているのはわかっているんですが、やはり全てにおいて優れている事業者ってのはなかなかありません。

一番安いのは「ユーザー車検」だし
一番早いのは「クイック車検系」だし
一番安心なのは「ディーラー」です。

と、言ったところで、相談者は「そんなことは知ってるわ!元整備士のクセに当たり前のことしか言えねぇのかよ使えねーな」と言わないまでも、心のなかで叫んでいるのはわかります。

なので、もうちょっとヒアリングしたうえで、「ディーラー」と答えます。

相談相手の環境がわからない

その人がどんな車に乗ってるかくらいは相談された時点で聞くからわかるんですけどね。

近くにどんなお店があるのか。とか、年間でのくらいの予算を車にあてているのか。
どのくらい車に対する知識があるのか。とかとか…かわからないんですよ。

ただ、相談してくる時点であまり車めちゃくちゃ詳しいってことはないよなーくらいなんですね。
なので、この時点で「ユーザー車検通したら安く済むよ」だけは言わないようにしてます。

ユーザー車検って一度経験すると、思ったよりもめちゃくちゃ簡単なんですよ。

ハードル高そうなのに、やってみるとビックリするほどアッサリ通っちゃうんですね。

だから、経験者は割と人にすすめがちなんですけど、あれって”車検を通す時点で基準を満たしている車”は通すけど、”次の車検までにどこか壊れても知らんがな”なんですよ。
検査員からアドバイスとかないですからね。

なので、極端な話し車検通った次の日にどこか壊れたとしても、自己責任です。
検査員からしたら、「検査したときは問題なかった」だけの話しになります。

でも、車に詳しくない人からしたら、車検通ったばかりなのにおかしい!ってなりますよね。

だからユーザー車検はおすすめしません。

ディーラーとユーザー車検以外はどうなのか?

ハッキリ言ってわかりません。

オー◯バックスとかイエ◯ーハットタイ◯館とかとか
あとはコ◯ックとかク◯ックとか。
あとはガソリンスタンドなど、いろいろありますよね。

これらは安いところっていくらでもあると思うんですけど、整備士のレベルってピンキリなんです。

中には整備の専門から新卒で取ってきちんと教育してるところもあると思うんですけど、逆に学校は出ずにバイトから社員に上がるケースも多々あります。

僕がまだ専門学校を卒業する前に働いていたガソリンスタンドで関わった社員(店長含む)は7、8名いましたが、整備士資格を持っている方は2人だけでした。

資格を持ってない社員も車検を通す業務を行うんですが、技術や知識がないので、オイル漏れやタイヤ、ブレーキパットの残量等だけ確認して検査場に持っていくわけです。
(ブレーキパッドの確認もキャリパー外さないですからね)

これは車検整備を行っているというよりはユーザー車検の代行です。
こんなケースはたくさんあるわけですよ。

なので、安くて早いってところはだいたいこのパターンだと思ってもらっていいと思います。

ただ、これら全ての業者を否定しているわけではありません。

中には行きつけのガソリンスタンドとかパーツショップとかある人もいますよね。
そこに古くからいる整備士のおっちゃんとか、実は凄い技術持ってるけど、ディーラーの堅苦しい雰囲気が嫌いであえてそこで働いてたりもします。

昔からお世話になってる業者があるとか、親戚や友達が働いてるところがあるって人はそこに持って行った方がいいこともあるんです。

でもそれって相談される側からは全く見えないんですよ。
だから、ディーラーって答えざるおえない場合がほとんどなんです。

じゃあ、ディーラーの整備士に任せれば100%安心か?と言われるとそれも言い切れませんよ。
どんなに素晴らしい技術を持っている人だとしてもミスはしますし、ディーラーの整備士になったからって必ずしも志高く保っている人ばかりではありません。

どんな世界でも同じだと思いますが、確率論です。

他と比べるとディーラーで整備をした方が安全に車に乗れる確率は圧倒的に高いよということです。

余裕を持って車を持ちましょう

日本の法律だと車の使用者の責任て思っているよりもずっと重いんです。

だから、必ず任意保険には入りましょうってことになってるんですが、車検とか整備とか依頼するときにどのくらい信用度の高い事業所かどうかなんて普通はあまり意識しないじゃないですか。

故障が原因の事故を起こしたとき、整備したばかりだったとしても、安いというだけで信用度の低い事業所で整備していたら使用者の責任も問われる可能性だって0じゃないんですからね。

もし、問われなかったとしても人なんか轢いちゃったったら後味悪いじゃないですか。

下手したらトラウマになって、そのあと車乗れなくなっちゃうかも知れないですよ。

車はでっかい凶器なのです。

だから整備は信用度の高いところに任せましょう。

整備士だった僕が言うのもなんですが、今の時代、車を所有しない選択だっていくらでもある訳で、お金に余裕がないのであればカーシェアとか必要なときだけレンタカー借りるとかでも十分な気がするんですよね。

最後に簡単にまとめさせていただくと、自分を守るためにも車検とか整備代は必要経費として組込んだうえで、余裕を持って車を所有して欲しいなと思います。

世の中から少しでも不幸な事故が減ってくれればと切に願っております。

ではでは。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメント

タイトルとURLをコピーしました